片足が奪われても過払い金と自己破産

私たちには健康で文化的な最低限度の生活を営む権利があるはずですが、経済状況や家系が火の車、身体もボロボロだとそれが感じられなくなってきます。例えば筋肉を鍛えるための片足スクワットやバランス感覚に効果がある片足立ちなどがブームとなっています。これで片足どころか全身まで健康になった人がいるそうなのですが、ではお金の場合はどういうふうに健康になっていけば良いのでしょう。それはやはり債務整理が必要だということになるのだと思います

しかし債務整理を行う場合には、単に破産するだけではなく、過払い金請求を行うことも可能なのですが、この過払い金請求にもいろいろなメリットとデメリットが存在しています。そこで過払い金請求のメリットとデメリットを見ていきたいと思いますが、まずはメリットを見てみましょう。最大のメリットは支払い過ぎた利息を払い戻してもらえることです。

これほどのメリットは他にないのですが、さらに過払い金請求をしたとしても、任意整理のようにブラックリストに登録されてしまうようなことはありません。また、現在でも利息を支払っていて、過払い金が存在している場合には、借金を減らすこともできるのです。このようなメリットもあるのですが、その反面デメリットもあります。

それは過払い金請求を行った業者からは、今後お金を借りることができなくなる可能性が高いということです。ブラックリストに登録されることはないので、別の業者を利用すれば済むことであるため、特にデメリットとは言えないと考える人もいるでしょうが、これ以外には特にデメリットがないので、過払い金請求はできる限り行うべきです。

自己破産弁護士はすごいのか

また弁護士に自己破産を依頼する前には、どのような状況なのかをまずは相談してみるのがよいでしょう。破産宣告や破産開始決定に関する相談の場合には、相談するための料金がかかることは少ないので、重要になるのは弁護士が自己破産に関する知識が豊富で、今まで解決してきた経験が豊富であるかという点です(参考 自己破産 弁護士の紹介サイト)

他にも信頼できる弁護士であるのか、こちらの相談に対して真剣に応じてくれるのかも重要になるので、事前の情報収集は欠かせません。また年金だとか税金、住宅ローンや賃貸、持ち家はどうなるんだという疑問にも答えてくれる弁護士が良いでしょう。事前の情報収集というのは、債務整理に関係なく、どのような相談を弁護士に行うときであっても必ず行うべき事だと言えるでしょう。

特に借金をしてかなり長い年月が経過している場合、もしくは借金を返済するように、督促状や催促の電話が頻繁にある場合には、すぐに情報収集を行い、弁護士に相談する必要があります。自己破産は借金をして困っている人が相談をするので、無料になっている弁護士が多いのですが、必ず相談料が無料になっているわけではないので注意しましょう。